第7章 資産及び会計

(資産の構成)
第39条  この法人の財産は、次に掲げるものをもって構成する。
 (1)設立当初の財産目録に記載された財産
 (2)入会金
 (3)会費
 (4)寄附金品
 (5)事業に伴う収入
 (6)資産から生ずる収入
 (7)その他の収入

(資産の管理)
第40条  この法人の資産は、会長が管理し、その方法は、理事会の議決を経て別に定める。

(会計年度)
第41条  この法人の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(事業計画及び収支予算)
第42条  この法人の事業計画及び収支予算は、毎事業年度の開始の日の前日までに、会長が作成し、理事会の承認を経て、通常総会に報告するものとする。

(事業報告及び決算)
第43条  この法人の事業報告及び決算は、毎事業年度終了後、会長が事業報告書及び計算書類並びにこれらの付属明細書を作成し、監事の監査を受け、理事会の承認を経た上で、通常総会の承認を得るものとする。