「育児・介護・その他」「山梨えるみん」の対応状況に関する調査結果について 

日頃より、(一社)山梨県情報通信業協会(YSA)の運営にご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。

さて、ダイバーシティプロジェクトでは、提言書を提出してから数年が経ち、またコロナ禍・5類移行後という状況も経て、過去に実施したアンケート内容の各社の対応状況の変化等を確認させていただくために、改めて「育児・介護・その他」および「山梨えるみん」に関するアンケートを実施いたしました。
おかげさまで、多くのYSA会員企業の方々にご協力いただくことができました。
この度、アンケートの集計結果がまとまりましたので、公開させていただきます。

YSAの会員企業の皆様には、ご多忙中にもかかわらず、ご協力いただき誠にありがとうございました。

※「介護・育児休業法」
2021年6月に改正があり、産後パパ育休制度の創設や育児休業の分割取得、育児休業を取得しやすい雇用環境整備等の義務付けなどが段階的に施行されております。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130583.html

※「山梨えるみん」「山梨クリスタルえるみん」認定制度
女性活躍社会の実現に向けて、女性活躍に係る職場環境の整備等に積極的に取り組む機運を醸成し、国の制度である「えるぼし」認定や「くるみん」認定取得の足がかりとなるよう、県が女性活躍推進に取り組む企業を独自認定する制度です。2023年4月から「山梨えるみん」の上位グレード「山梨クリスタルえるみん」が新設されております。
https://www.pref.yamanashi.jp/danjo-kyosei/yamanashieruminninteiseido.html